ロータリーとは

「他人に対する思いやりと、他人の為につくすことである」

 ロータリアンは、地域社会をより良くする努力を通して他人の為に奉仕し、ビジネスと専門職業生活における道徳的水準を高め、各国の人々の間に知識と理解の架け橋を築いて、世界平和の大儀を推進することを目指している。

ロータリーの誕生とその成長

 今から116年前の1905年、そのころ経済恐慌で人心の荒れすさんでいたアメリカ社会、特にシカゴの状態を憂えた、青年弁護士ポール・P・ハリスが奉仕の精神によって人の和をはかることこそ、より良い社会をつくりだす道であると考え、3人の友人と語らって、2月23日、第1回の会合を開いたのが、ロータリークラブの誕生であります。

 ロータリーとは、会員が持ち回りで順番に、集会を各自の事務所で開いたことから名付けられました。このクラブは着実に成長し、現在200以上の国と地域に広められ、クラブ数36,680、会員総数は1,193,804名(2021年4月末日RI公式発表)に達しています。

 これらクラブをメンバーとして国際ロータリーが構成されています。

日本のロータリー

 わが国のロータリークラブは1920年(大正9年)10月20日、当時三井銀行の重役であった米山梅吉氏が、初めて東京にこれを創立し、翌10年4月1日、世界で855番目のクラブとして加盟承認されました。その後、第2次世界大戦の結果、一時国際ロータリーから脱退するのやむなきに至ったこともありましたが、その間もよくロータリーの精神を堅持して会合に努め、その神髄と組織を維持し、戦後国際ロータリーに復帰するや、ますます発展、現在では、北は北海道、南は沖縄までクラブ数2,237、会員数85,492名(2021年4月末現在)に達し、なおすべての都市、すべての町にその理想の翼を拡げる努力を続けております。

 会員は、地域内の理想に燃える堅実な実業家、専門職業人の中からて定款により、1業種1人を選び、週1回のクラブ例会出席によって、各種職域人の交友を通じて地域社会へより多くの奉仕の機会を得ようとはかっております。

ロータリーの目的

 ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

  1. 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
  2. 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
  3. ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
  4. 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。